ものづくり補助金とは

  • 機械装置・ソフトウエアなどの経費の1/2~2/3750~1000万円を上限に補助されます。
  • 歯科用CTやCAD/CAMなど、1000万円を超える先進医療機器の購入に最適です。
  • ものづくり補助金を獲得するには、まず、購入する機械装置・ソフトウェアなどを活用して実施する事業計画書を作成し、申請します。
  • 審査の結果、優秀な事業計画書が採択されます。

採択事例(歯科)

歯科用CTを含む申請が多くなっています。

歯科用CT、手術用実体顕微鏡顕微鏡(マイクロスコープ)などを導入し、デジタル機器による診断・診療の高度化をテーマとして採択された事例などがあります。

  • 歯科用CTを用いて第4根管や歯根端を確実に撮像、マイクロスコープを用いて根管治療、歯根端切除術を実施する。
  • 歯科用CTを用いて重度歯周病の骨内欠損や歯根破折を高精度に撮像する。
  • 歯科用CTを用いて埋伏智歯やインプラント埋入部位と下顎管や上顎洞の位置関係を精査する。

全国の歯科医院の役7割は歯科用CTを導入していないため、大部分は新規導入案件となっています。

高額な歯科用CAD/CAMを含む申請も散見されます。

CAD/CAM冠の製作やインプラントのサージカルガイドプレートや上部構造の製作を、院内で一貫して行うことができます。

口腔内3Dスキャナーと歯科用CAD/CAMを導入し、CAD/CAM冠の院内一貫製作体制をテーマとして採択された事例などがあります。

  • 口腔内スキャナーを用いて光学的にデジタル印象を採得し、石膏模型製作を不要にする。
  • 取得したスキャンデータを利用して、CADによりCAD/CAM冠を設計する。
  • CADデータを利用して、CAMによりミリングする。
  • 歯科技工士を雇わずCAD/CAM冠を内製する。

インプラント治療でも、診断から上部構造の製作まで,ほとんど全行程にデジタル技術が利用できます。

ご支援の流れと担当者

  • ものづくり補助金の公募から、補助金を受け取るまでのプロセスは下図の通りです。
  • 事業計画書申請、交付申請や実績報告など、申請から補助金を受け取るまで一貫してご支援いたします。
  • お打ち合わせは、電子会議システムやグループチャットを活用して行います。全国どこからでも、コロナの心配なくご参加できます。
  • ものづくり補助金の採択実績が豊富で、歯科領域に強い専門コンサルタントがご支援をご担当します。メーカーで、歯科大学と共同で製品開発に携わった経歴をもつ技術系の経営コンサルタント(中小企業診断士)などが在籍しています。

期待採択率の無料診断

  • 補助上限額や補助率を算定、補助金申請(事業計画書作成)のテーマをご提案、期待採択率を推定し、電話、メール、または電子会議(ZOOM)など、ご要望の方法でフィードバックさせていただきます。

ご相談・お問い合わせ

まずは、お気軽にご相談、お問い合わせください。

未来創造ドットコム合同会社

補助金サポート

〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号 銀座大竹ビジデンス2階

Phone: 03-6869-0369

Email: info@mirai-sozo.com