· 

明日にチャレンジ助成金 第2回目募集はいつ?

明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業助成金(以下、「明日にチャレンジ助成金」といいます)の第2回募集が遅れています。

 

 

 

この助成金は、昨年度まで、受注型中小企業競争力強化支援事業助成金(以下、「受注型助成金」といいます)と呼ばれていたものです。

 

本年度から名称が変わりましたが、内容はほとんど変わりません。

 

昨年度の受注型助成金の助成金は、以下のようなスケジュールで募集がありました。

 

 第1回目 2月21日 報道発表、4月  8日~17日 申請書提出期間

 

 第2回目 5月  9日 報道発表、6月17日~26日 申請書提出期間

 

 

本年度の明日にチャレンジ助成金 第1回目のですが、以下のようなスケジュールで募集がありました。

 

 第1回目 2月17日 報道発表、4月  6日~15日 申請書提出期間

 

 

なので、5月中に第2回目の募集の報道発表があると思って待っていたのですが、まだ、アナウンスされません。

 

 

事務局に問い合わせてみたところ、募集がなくなったわけではなさそうですが、まだ、東京都から"GO”がでていないらしいです。

 

まあ、いろいろご都合は推し量れますよね。

 

 

明日にチャレンジ助成金は、設備投資の場合でも、製品開発の場合でも、どちらでも活用できます。

 

対象となる経費は、機械や器具だけでなく、材料費や委託費なども申請できます。

 

 

設備投資の場合はものづくり補助金や革新的事業展開設備投資助成金と、

 

製品開発の場合は新製品・新技術開発助成金、サポイン補助金や次世代イノベーション助成金と比較検討することになります。

 

助成上限2000万円、助成率2/3で、なかなか魅力的です。

 

 

申請書作成の手間としては、ものづくり補助金や革新的事業展開設備投資助成金より、やや面倒でしょうか。

 

ですが、サポイン補助金や次世代イノベーション助成金よりは間違いなく楽ですね。

 

 

明日にチャレンジ助成金の第1回目募集で企業様をご支援する機会がございました。

 

現在、1次審査(書類)の結果の通知を待っているところです。

 

1次審査を通過しますと、2次審査(面接)があります。

 

 

明日にチャレンジ助成金の第2回目募集でも別の企業様をご支援しています。

 

現在、申請書を作成中です。

 

もしかしたら、募集開始前に申請書ができてしまうかもしれません。

 

 

今年は、ものづくり補助金よりも、東京都の助成金のほうが人気が高いですね。

 

ものづくり補助金は、上限が1000万円と少なく、補助率も原則1/2です。

 

審査加点を得るために経営革新計画や事業系辱力強化計画などが要求されるなど、プラスアルファの手間がかかります。

 

東京都の企業様には、あまり魅力的な補助金とは言えないのかもしれません。

 

 

代えて、明日にチャレンジ助成金、お勧めいたします。