コロナですべてが変わりました

というと大袈裟なのですが、コロナの影響で、外出することは本当になくなりました。

 

 

4月中に、顧問先との打ち合わせはすべてテレビ会議(ZOOM)になりました。

 

3月までは毎月訪問させていただいていたのですが、4月に入り、リアルに皆様とお目にかかる機会がなくなってしまいました。

 

 

現在、ものづくり補助金明日にチャレンジ中小企業基盤強化助成金革新的事業展開設備投資支援助成金革新的サービスの事業化支援助成金次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成金販路拡大助成金持続化補助金などのご支援させていただいております。

 

ですが、ご訪問してお打ち合わせをすることはなくなり、テレビ会議(ZOOM)でご相談させていただきながら申請書を作成しています。

 

 

ホームページ経由で補助金・助成金などのお問い合わせをいただくことも多くなりました。

 

皆さま、テレワークなので、自宅で検索されて、コンタクトいただいております。

 

 

昨年までは、年に5~6社の中小企業の企業診断を4~10人の中小企業診断士のチームで行っていました。

 

今年はコロナの影響で「三密」を避けなければならなくなったため、このような企業診断は難しそうです。

 

といっても、企業診断をTV会議で行うこともできないので、いまのところ企業診断はストップしております。

 

 

大学院の講師をしているのですが、こちらではTV会議システム(WebEx)で会議や講義をすることになりました。

 

ただ、実習を担当しておりますので、すべてをTV会議システムで行うことも難しそうです。

 

 

コロナの影響で、対面でコンサルをする機会が減り、とても残念です。

 

経営者の皆さまとお目にかかり、お話を伺い、想いを感じて寄り添い、ご支援をさせていただいおりました。

 

早く事態が収束して、対面でご支援できるようになるとよろしいのですが・・・

 

 

ただ、そう簡単に、事態が収束しないこともよくわかっております。

 

製薬企業で20年ほど研究開発に従事し、免疫関連の医薬品の開発にも係った経験があります。

 

コロナに対する集団免疫を獲得しないと、なかなか元の姿にはもどらないでしょう。

 

ワクチン接種で集団免疫を獲得できればよいのですが、新型コロナワクチンが薬事承認を得るには、結構時間がかかるのではないかと思います。

 

 

ですので、「元の姿に戻る」ことを前提とせず、新しいビジネスの在り方を模索する必要もありそうですね。

 

まずは、気軽にTV会議で意見交換をいたしましょう。

 

ワンクリックですぐに対面できるのですから^^