補助金・助成金情報

当社では、国や東京都などから公募される設備投資や製品・サービス・技術開発のための各種の補助金・助成金の採択申請をご支援しています。

 

取り組む事業の内容や実施場所等に応じて最適な補助金・助成金をご提案いたします。

 

設備投資をしたい

設備投資を支援する補助金・助成金としては、中小企業庁の「ものづくり補助金」があります。また、東京都からも「革新的事業展開設備投資支援事業」助成金が公募されています。


貴社が東京都に所在する場合、どちらもご利用いただけます。ただし、高額の設備投資の場合、助成上限額が大きい「革新的事業展開設備投資支援事業」を利用したほうが自己負担額が小さくなります。


東京都はまた、4月以降、「 新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業」の公募も開始しました。

 

 


ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金) 公募中(11月26日締切)

設備投資を支援する中小企業庁の補助金です。製造業だけでなく、サービス業、小売業、卸売業などでも申請が可能です。本年度より通年で公募され、利用しやすくなりました。補助上限額(一般型)は1,000万円です。

詳細を見る

 

革新的事業展開設備投資支援事業 近日募集開始

設備投資を助成する東京都の助成金です。年2回に分けて募集があります。助成限度額が1億円と高額です

詳細を見る

 

新型コロナウイルス感染症緊急対策設備投資支援事業 通年募集

感染症対策関連商品の製造に必要となる最新機械設備を新たに購入するための経費が助成されます。助成限度額は1億円です

詳細を見る

 

 

製品やサービス、技術を開発したい

新製品・サービスや新技術は競争優位の源泉になります。しかし、開発には多額の資金が必要です。また、開発が必ず成功するという保証はなく、大きなリスクを伴います。

 

資金力が十分ではない中小企業・小規模企業者のために、国や東京都が製品・サービス・技術開発を支援する補助金や助成金を数多く用意しています。

 

中には、補助額・助成額が1億円近いもの、1億円を超えるものもあります。

 

 

 


次世代イノベーション創出プロジェクト2020助成事業 締切間近

東京都の「イノベーションマップ」で示された開発支援テーマに基づき、中小企業を核とした連携体(他企業・大学・研究機関等)が行う技術・製品開発に要する経費の一部が助成されます。助成限度額は8,000万円です。

詳細を見る

 

新需要獲得に向けたイノベーション創出支援事業 募集中

新型コロナウイルス感染症対策に関連し生じる新たな需要の獲得に向けた技術・製品の研究開発で、かつ、東京都の「イノベーションマップ」に掲げられた開発支援テーマに合致した技術・製品の研究開発が支援されます。助成限度額は8,000万円です。

詳細を見る

 

戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業) 公募終了

経済産業省(中小企業庁)の補助金です。大学・公設試等と連携して行う、研究開発や試作品開発、その成果の販路開拓に係る取組等が補助されます。補助上限額は単年で4,500万円、3年間で9,750万円です。

 

研究開発型スタートアップ支援事業 公募終了

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の補助金です。企業、大学、研究機関等が有する技術シーズの発掘から事業化までを一貫して政策的に推進し、研究開発型スタートアップの創出、育成を図ることを目的としています。シード期の研究開発型スタートアップ(STS)に対する事業化支援では、補助上限額はSTS 7,000万円、STS2 2億円です。

 

明日にチャレンジ中小企業基盤強化事業 公募終了

東京都の助成金です。受注型中小企業者が行う、技術・サービスの高度化・高付加価値化のための技術開発等を支援する助成金です。助成限度額(一般区分)は2,000万円です。

 

新製品・新技術開発助成事業 公募終了

東京都の助成金です。①新製品・新技術の研究開発、②新たなソフトウェアの研究開発、③システム設計等ソフト面の新たな研究開発でデータ処理装置・情報処理プログラム開発及び改良などが助成されます。助成限度額は1,500万円です。