TOKYOイチオシ応援事業

 

最新ニュース

 

助成事業の概要

 

東京都(事務局:東京都中小企業振興公社)の助成事業です。

  • 東京の地域色あふれた魅力的な「地域資源」を活用した新製品・新サービスの開発・改良に要する経費が助成されます。助成金だけでなく、専門家による継続的支援を受けることができます。
  • 東京の農林水産物、鉱工業品・生産技術、観光資源などの地域資源をモチーフとした新しい製品やサービスを開発し、世界に発信することを支援するというたいへん夢のある事業ですね。

受付期間等

 

 事業説明会(都内5箇所で5回開催) 2019年7月24日~8月21日
 申請エントリー期間(東京都中小企業振興公社HPから申込) 2019年6月13日~8月26日
  書類提出期間(東京都中小企業振興公社助成課へ提出) 2019年9月02日~9月05日

事業の目的

 

東京の「地域資源」を活用した新製品・新サービスの開発・改良に取り組む都内中小企業者等を支援することにより、地域経済の活性化を図る。

 

助成内容

 

1.経費助成

助成対象期間 2019年12月1日~2021年11月31日(最長2年間)
助成限度額 1,500万円
助成率 1/2
 助成対象経費 原材料費・副資材費、機械装置・工具器具費、委託・外注費、専門家指導費、賃借費、産業財産権出願・導入費、直接人件費、広告費、展示会参加費、イベント開催費

2.ハンズオン支援

地域応援アドバイザーによる開発段階の進捗管理や完成後の販路開拓を見据えた出口支援等の伴走型支援を受けることができます。

 

助成対象事業

 

以下の1~3の地域資源を活用して、新製品・新サービスの開発及び改良を行う事業

  1. 東京の地域資源として、地域の中小企業等が共有して活用できる(又はその可能性がある)資源であること
  2. 東京の地域資源として、生産量、品質、機能、歴史的・文化的背景等の面で特徴があり、消費者等にそのことが一定程度認識されていること
  3. 次の3分類のいずれかに該当すること (1)農林水産物 (2)鉱工業品・生産技術 (3)観光資源

上記の1.2.3のすべてを満たすものとして、東京都が指定した「地域産業資源」があります。

地域産業資源の詳細は「TOKYOイチオシナビ」で確認することができます。

 

審査方法

 

1.審査方法

 

一次審査(書類審査)を通過した申請者に対して二次審査(面接審査)が行われ、助成対象者が決定します。

 

2.審査の視点

 

ア 資格審査

イ 経理審査

ウ 事業審査

(ア)適格性

(イ)新規性・優秀性

(ウ)実現性

(エ)市場性

(オ)事業波及性

 

3.二次審査(面接審査)

 

会社概要や申請内容を説明し、質疑応答に対応します。面接対策が重要になります。

 

事前診断(無料)

 

事前診断のメリット

  • 想定している事業が当該助成金の対象となるのかどうかがわかる
  • 採択をとる可能性がどのくらいあるのかがわかる
  • 採択をとるためのポイントがわかる

事前診断の概要

  • 診断方法:訪問面談(2時間程度)
  • 東京都・埼玉県・神奈川県に本社のあるお客様(一部にご対応できない地域もございます)
  • 上記以外の地域のお客様につきましては、Skype等のクラウド・コミュニケーション・サービスを用いてご対応させていただきます。

お問合せ

  • 下記までお電話またはメールでご連絡ください。日程調整等をさせていただきます。

中小企業診断士 竹村 一太

090-2569-3896

kazuta.takemura@mirai-sozo.com

 

 

事前診断からご支援まで

 

事前診断の後、ご要望に応じて、補助金活用のご支援をさせていただきます。

 

 

中小企業庁・金融庁の指針の遵守

 

ご契約 ※2つの方式からお選びいただけます。

 

個別契約方式

  • 特定の補助金の活用支援につきまして個別にご契約をさせていただく方式です。

 

顧問契約+個別契約方式

  • 経営全般のご支援につきまして顧問契約を結ばせていただき、必要に応じて特定の補助金の活用支援につきまして個別契約を結ばせていただく方式です。

ご支援

 

  • ご契約の範囲・内容のご支援(高品質・納期遵守)を真摯に実行いたします。

 

お問合せ

 

下記までお電話またはメールでご連絡ください。

 

中小企業診断士 竹村 一太

090-2569-3896

kazuta.takemura@mirai-sozo.com